水没したスマホの修理は結局バッテリー交換等の大掛かりな作業に

園芸好きの私は休日になれば庭の温室に籠り、特に好きな鉢花の手入れに勤しんでいたのですが、ある日ポケットに突っ込んだままにしておいたスマホを、水を溜め置きしていたバケツの中に落としてしまい、完全に水没させてしまいました。新品、しかも生活防水ありの機種という事もあり、数秒程度の水没なら大丈夫だろうと高をくくっていたのですが、しばらく陰干しし完全に乾かしたにもかかわらずその後は全く電源が入らず、正直焦りました。何度やっても電源が入らない為、仕方なく事前予約の上近郊の街中にあるスマホ修理業者に持ち込む事にしました。かつてパネル交換等の修理もやって貰っていたスマホ修理業者だけに信頼感は厚く、少しでも懐に優しい料金で修理してくれる事を期待していたのですが、しばらくのチェックの後、提案されたのはバッテリー等の交換プラス工賃で1万5,000円を軽く上回るものでした。通なら新品買い替えも考えたい料金でしたが、まだ購入から半年も経っていない新品という事もあり諦める訳にもいかず、それで治るなら…と依頼したのでした。上記の修理内容で何とか治り、スマホを救う事が出来ました。同時に交換したコネクタ付近からの浸水が原因かも知れないとの事で、その後は一層スマホを慎重に扱う様になったのは言うまでもありません。私は何年か前に夜間での仕事をしており、その為にいつも正直疲れていました。そして、帰りに良くスマホを帰宅中に色々な場所で落としてしまうことがありました。しかし、その都度確認しましたがいつものように特に幸いにも異常などは見当たりませんでした。ですので、その日もいつもと同じように落としたスマホを拾って確認してみたのですが、その日は何故か全く動かなくなっていたのでした。画面も消え、電源入れたくても電源も入らず本当に焦りました。そして、とりあえずはその日は断念して修理に持っていこうと思い、翌日早速持っていったのです。そして、お店のスタッフさんに事情を説明して見てもらったところ、奥で何やら確かめてくれていたのです。そして、少し待ったところでお店の人が戻って来てスマホを見たところ直っていたのでした。お店の人に原因を伺ったところ、中でSIMカードを改めて差してくれたところ普通に再び電源が入ったみたいで、そして直ったようなのです。私も疲れていた為に、そこまで頭が働かなかったのが少し恥ずかしかったのです。しかし、またようやくいつも通りにスマホを使えるようになったので、その日は気分良く帰ることが出来ました。それからはもう2度とスマホを落とさないようにしています。

|病院ナビ|病院ラボ|病院の教科書|クリニックナビ|クリニックラボ|クリニックの教科書|病院ネット|医療ナビ|医療ラボ|健康ナビ|クリニック集客ノウハウ